北恵仁司の『Let’s 演助い(エンジョイ)!』

普段は役者。でも宙キャンでは役者兼演出助手?そんな北恵が、舞台稽古・観劇等で思い感じたことを、あくまでも演出助手(?)の目で書き綴るコーナーです!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況を書きましたが、観劇感想を書いていなかった!

この間、お芝居仲間の富田さん出演のお芝居を観て来た。
『FULL MOON』
というタイトル。

舞台上でライブを繰り広げる。
僕のやってみたい舞台だった。
お芝居自体は、出演者に若い方が多く、厳しい部分も正直あったが、ライブシーンになると、役者皆さんの特性が大いに発揮され、とても熱いものを感じた。
話自体は、こういうことをやっている人間には、とても響くものがあった。続けていれば、当然直面しそうなことである。そこでの苦悩。でも、それを何とかしてやろうという仲間、支えてくれる仲間。グッときましたよ!
もっと大きな小屋で観たかったけど、近い分ガンガン来たので良かったです。

楽器を使った舞台、いつかやってみたいな?・・・。
ギター、また練習しようかしら。
スポンサーサイト

はい、1日遅れましたが、先週のラストの観劇の感想をば。
ラストは『コンビニエンスストア・山甚』。宙キャンに縁深い鈴木雄二君の出演舞台。

かなり良かった。台本的に好きな物語だったし、凄く身近な題材だったため何も考えずに楽しむ事ができた。

コンビニの裏側、事務所側と言いますか、そこで目的を持って働いている人々の笑いあり涙ありの物語。
実際本当にあってもおかしくないような内容で、本当に心打たれた。
自分なら、ああいった状況になったら、同じような行動をするだろうか?はたまた、怖くなってすぐに引き渡してしまうだろうか?
なんて事を考えてしまう舞台でした。
雄二君もいつもとは違うような、普段の彼とは違う役をやっていて(笑)、新鮮な彼を拝見する事ができました。

照明や音響は非常にシンプルな物でしたが、役者さんの芝居が良かったので、逆にシンプルで良かったと思う。芝居を見ることに集中できた。

正直、先週観に行った芝居の中では一番好きだったな。
面白い芝居をありがとうございました!

さて、明日は昼までバイトで午後・夜と1日2本観劇。
持つか、俺!?

さて、先週末観劇の2本目の感想をば。
2本目は『透明人間レディ』という作品です。
kanikusoでお世話になっている松尾武志さんが出演していた舞台です。

2時間というお芝居でありましたが、時間は気にせず観ていられました。
セットはシンプルだったけど、役者さんが面白い方が多かった為「お芝居」を観る事ができたと思う。

前半はとにかくテンポ。正直セリフ自体が早すぎて、聞き取りづらくなってしまった部分もありますが、でもそんだけ上げていたので、ラスト部分の間も活かせていたと思います。ただ、セリフはテンポの早い所でも聞かせて欲しかったなと、面白いセリフを言ってそうな感じだったので。
中盤からアップ・ダウンが出てきて、グッと引き込まれていく。
流れがとても分かりやすく、何も考えずに観て楽しむ事ができた。リラックスして観れたというか?。
でも、ラストは少々間が長すぎたかな?という感じがしたのは、僕だけか?「あれ?音も入んないんだ?」的な間が僕的にあり、ちょっとビックリしたのです。

やりたい事、観せたい事の区分けがしっかりしており、やりたい事っていうのはくどくやることなく、非常にあっさりしてまして息抜き・しっかり拝見のギヤの入れ替えがとてもやり易い舞台でした。

さて、最後の3本目は明日!

さて、先週末に観劇した感想をば。
はい、1本1本書いて行こうと思いますゆえ。

まずは『おんわたし』という舞台。
でんちゃんこと傳田亜紀子さん出演の舞台。
でんちゃんのラストステージでした。ラストだなんて残念・・・。

舞台は沖縄の小さな郵便局。
郵便局というか、郵便屋さんと言った感じでしょうか?
そこで起こる色々な物語。
ごくごく淡々とストーリーは続きますが、その中で起こる物語はしっかり意味深く繋がり、見応えのあるストーリーでした。

辛かった事と言えば、舞台が沖縄と言う事で空調はOFF。だったのかな?効いていたとしても、本当にクールビズぐらいの設定温度だったでしょう。俺は一番後ろで空調は全く効いておらず、開演前におしぼりに包まれた氷をお借りしたのですが、舞台中盤で既にぬるま湯に・・・。そういった環境が少々きつかったぐらいでしょうか。

話はわかりやすく、全く別ルートから来た話が最後はしっかり混ざり合い、中には良い間で笑いを取ってくれる役者さんもおり、空気は非常にのんびりしてはいたものの、飽きずに観る事ができました。
でんちゃんも、かなり重要な役所でした。
しっかりと、慎重に大切に演技していたのが見て取れて、集中しておりましたね!

面白い舞台でした。
でんちゃんのラストを飾るに相応しい、いい舞台だったと思います。

でんちゃん、お疲れ様でした!!


まだ2本ありますので、それはまた後日・・・。

今週も2本観て参りました。

まず1本目は劇団掘出物さん。一跡二跳さんで共演した澤田君が出演された舞台。
面白い話だったと思います。けど、2時間20分はちょっと長かったかな?もう少しコンパクトに出来る話だったのではないか、と思いました。その方が観やすかったような気がしました。
で、舞台上の声が、皆さん小さすぎた・・・。少し後ろで観劇していた俺には、セリフを聞くのに気をとられ、しっかりと演技を楽しむ事ができなかった。セリフを一生懸命聞き取ろうと集中してしまうのは、本当に疲れます・・・。それを2時間20分続けてしまったので、かなりの疲労感が。話が良かったので、残念だったかな?と思います。芝居の距離感は確かに大切ですが、舞台ではあるので、発声は欲しかったな、と。
勿体無いというのが、正直な感想です。

2本目は、kanikusoさんで共演した宮岡あずささんが所属する劇団6番シードさんの舞台。
広い舞台を役者さんが走る走る!!観てても爽快感がある舞台。
こちらも2時間30分ぐらいの舞台でしたが、大きな舞台を走り回る役者さんを観ていて、なんだろう、広い舞台で俺も走りたくなった(笑)。長い舞台も、そこまでは気にならなかった。
キャラクターのバランスも良く、楽しめました。
100幕劇!という情報を得ていたので、どんな舞台になっているんだろ?と思っていましたが、話もしっかり繋がっており、最初は「?」な部分があったけど、最後にはその謎もしっかり解かれてスッキリ!みたいな。そんな話の中、役者の皆さんの爆走!役者さん達の汗が眩しかった!
舞台の使い方も、照明も良かったし、デカイ舞台(芸劇)を大いに活かした、参考になる舞台でした。

澤田くん、宮岡氏、お疲れ様でした!!


そんなこんなで、今日は稽古。なかなかうまく集まれませんが、まだそんなね、焦るような時期ではないので。でも、皆で集まって稽古したいという気持ちは大きくなるばかり(笑)。
早くやりたい、しっかり稽古!!

ここの所、家に帰ってバタンキュ?状態なのでね。
なかなかここまで辿り着けません。

先日の日曜、一跡二跳の舞台『きりぎりす』を観てきたわけです。
面白かった!ホント、芝居の空気・ライブ感、素晴らしいです。
本の内容も大好きな感じだった。医療の内容がリアルに表現されていて、専門的なことは良くわからないのですが、とてもヒューマンドラマ!!
『きりぎりす』というタイトルにも、自分的にかなり納得・・・。自分なりに深い意味を感じ、とても考える事のできた舞台。
でもね、笑える部分もしっかりあって、本当に面白かった!
いいな?、俺らもあんな舞台できるように頑張ろう、と思いました!!

その後は稽古。数日前より、変な腰痛を抱えており(今もまだ残っているが・・・)、その稽古で更に悪化・・・。立っているのもしんどいくらいになってしまったのですが、何とかね無事終えることが出来ました。
次回稽古から、また新たな客演さんが参加!楽しみだ♪

今日は、前のバイトで一緒だった東川クンが出演する舞台を観に行った。LIVESプロデュースさんの『せんせい』という作品。

はい、詳しい内容は省きますが、いや?、
面白かった!!!
タイトルから皆さんも想像できるでしょう。その想像通りの感じなんですが、でもね、合間合間の小ネタ、その小ネタの間・空気、小ネタもちゃんと流れに乗ったまま続いて行くわけですよ。
短い間の使い方も、とても良かったですね。その逆の少々長い間も然りなわけです。
しかもなんと!全編広島弁のお芝居じゃないですか!?ビックリビックリ!!広島人から観れば「ん?」という方言・アクセントはありましたが(笑)、それでも皆さん上手に喋ってましたね。広島弁イントネーションもかなりいい感じでした!出演されている役者さんに、広島の方がいるんでしょう。見事でした!
最後の展開はぶっちゃけ読めたんですが、でもウルっと来てしまいましたね!そこまでの空気・流れが良かったので、展開が読めていても心に響いてきました。
ヒガシの広島弁は微妙でしたが(笑)、こんな面白い舞台に出演している彼にジェラシーを抱いてしまうほど、いい舞台でした!!頑張ってくださいまし!

残り3ステあるようなので、よければ観てみて下さいな♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。