北恵仁司の『Let’s 演助い(エンジョイ)!』

普段は役者。でも宙キャンでは役者兼演出助手?そんな北恵が、舞台稽古・観劇等で思い感じたことを、あくまでも演出助手(?)の目で書き綴るコーナーです!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団宇宙キャンパス第9回公演『1/2』、無事終了しました。
共演者の皆様、スタッフの皆様、ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。感謝の言葉もありません。最後までお付会いいただいてありがとうございました!

今回公演、本当に大変な公演でした。
稽古場の雰囲気、稽古中の雰囲気、小屋に入ってからの雰囲気、
まとめるのが難しかったし、稽古進行自体もなかなかペースアップできなかったりと、シンドイ公演でした。
結果、芝居に関しては本当に役者の皆さんには助けられました。
小屋に入ってからは、スタッフの方々に助けられました。
本番は、お客様の雰囲気に助けられました。

結果よければ、ということか?いや・・・、

今回の公演で、俺は何が出来たろうか?
正直、大したことはしていません。これではいけないのでしょうが・・・。
大してすることが無かった、逆にやり辛い事があったりしました。
そのことを、次回にしっかりと活かして動いて行こうと思います。

裏は本当に大変な公演でした。頼りない人間で申し訳ない気持ちで一杯になりながら稽古場に行っていました。
が、最終的には皆さんに支えられ、無事に終えることが出来た。

ありがとうございました。


ご来場いただきました皆様には、この芝居はどのように映ったでしょうか?少しでも楽しんでいただけたなら、嬉しく思います。

今後とも、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

kanikuso第9回公演『たからモノ。』、無事に幕を降ろすことが出来ました。
ご覧いただいたお客様には、毎回窮屈な環境で観劇いただき感謝と共にお詫びを申し上げます。誠にありがとうございました。

今回のお芝居は戦時中のお話で、僕は「回天特攻隊」の1人でした。「回天」というのは、所謂「人間魚雷」。とても狭い操縦席に1人で乗り込み、敵艦に突っ込むという隊員の1人でしたが、回天の故障で行けなくなってしまった、という人間でした。
他の隊員は、自分の大切な人を守るため、国のためにその命を捧げることが出来たのに、同じ志を持っていながらもそれが出来なかった人間。「死ぬ」、果たしてそうならなくて良かったのか、悔しかったのか?当然悔しいのが出てくるが、死ななくて良かった、という気持ちも出て来てしまった。とかね。
難しい役でした。題材自体が、今の人間にとっては表現が難しい題材です。そういった心情に駆られた、なんてことが無いわけですからね。
舞台自体は難しかった。でも、今回は共演者の方々に恵まれ、とても楽しい舞台・現場でした。
演技に関しても、周りのキャストさんに合わせればいい感じに流れていく、というシーンが多くとても助かった場面がたくさんあった。
こういう環境でできる舞台は、そんなに数は多くない。恵まれていたと思います。

今回の舞台に関わった全ての方々に感謝致します。
ありがとうございました!!

日が変わって、今日から本番がスタートします。
本日は仕込み。美術はシンプルだけど、雰囲気タップリ♪
照明や音響は、まだ場当たり途中なのでわからないところもあるけど、こちらも雰囲気満載!
今日1日稽古は場当たりした所のみやった、という感じでしたが、役者陣の気持ちも大きくなってきているのを感じます。
今までやってきた事に、膨らんできた気持ちを上手に+すれば、言い舞台になること間違いなし!!
そんな匂いのする小屋入り初日でした!!

期待と不安、本番に対してはこの2つは勿論ありますが、お客様も自分自身も楽しみながら、楽まで突っ走りたいと思います故、御来場いただく皆様、お楽しみに!!

劇団宇宙キャンパス第8回公演
「over again」
無事に幕を降ろすことができました。

劇団として、今回も多くの反省点・改善点を見つけ、次回にできるだけ残す事の無いように、今後活動していきたいと思います。
役者北恵としては、自分の至らなさもあり拙さもあり、自己反省もありますが、いい点もあった公演でした。修正点はしっかり修正し、良かった点は忘れずにもっと良くして次回に臨みたいと思います。
劇団員の芝居は、北恵的にも目に付く点が多く、それを直させてあげられなかった、というのが残念でした。どうしても本番に入り気分が乗ってしまうと、稽古とはちがう方向に行きがちな劇団員なので、本番と同様の空気を稽古中にも作れれば、と思います。確かに稽古場と劇場では違いますが、「稽古で出せないものは、本番で出せるわけが無い」、その通りなので、もっと引き締められる部分は引き締めて、しっかり稽古ができる環境を作っていきたいと思っています。もっとできる人間達の集まりだと思うので、もっとできたはず、と思えるのは残念なところではあります。

反省点は多々ありますが、これは劇団側から見た目。
公演自体は、とてもいい空気で本番を迎え、お客様にも楽しんでいただけたようなので、良かったです!

今回得た反省は持ち帰り、次回以降に反映できるように頑張っていきたいと思います。

最後となりますが、今回関わっていただいたスタッフの方々、役者の皆さん、ご来場いただきましたお客様に、心よりお礼申し上げます!!

誠にありがとうございました!!

昨日を持ちまして、一跡二跳Vol.56「平面になる」、無事に幕を降ろすことができました!ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

今回、本当に大きな経験をさせていただけたな、と思います。
ライブ感を感じながらの演技。
紀伊国屋サザンシアターという舞台。
裏方さんの動き。等々。

いい勉強させていただけたな?。
これらのことは、今後自分でどんどん腕を磨いていかなければ!折角経験できたできたことだから!

この舞台に関わった全ての皆様、本当にお世話になりました。そして有難うございました!今後とも、宜しくお願い致します!


本番2日目、無事終了しました!

昨日より落ち着いて舞台に立てた、と思います。さすがに2日目ですからね!
昨日に続き、お客様の笑い声・暖かい拍手に包まれ、気持ち良く幕を降ろすことが出来ました!
通し稽古の時よりも時間は短くなっているようです。雑になったとかではなく、いい意味でテンポアップができているみたい。
この調子で、明日以降もいい舞台をお届けしたいと思います!!

残りは4ステ。引き続き気を抜くことなく、舞台を創り上げていきまっしょい!!

本日初日を迎えました「平面になる」。
たくさんのお客様にご来場いただきました!誠にありがとうございます!!

自分的には、大いに緊張しました。故に、芝居を若干急いでしまった箇所がありました。
ですが、そんな反省点を残しつつも楽しめた初日となりました。
芝居の本質というものを、本当に感じさせてもらえる劇団さんにキャストさんだな、と思います。もっともっと、上手く合わせていければ、と思います。

観に来てくれた知り合い関係は、まずセットにビックリしていました!
うん、そうでしょう。こんなセット、お目にかかる機会は、ほとんど無いと思います!
で、皆さんからご好評いただきました。明日以降も、もっといい感想が聞けるように、努力していきたいと思います!

さて、明日は本番2日目!入り時間もゆったり目なので、ゆっくり休んで、2日目に臨みたいと思います!!

明日も出来る限りの事をやるぞ?!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。