北恵仁司の『Let’s 演助い(エンジョイ)!』

普段は役者。でも宙キャンでは役者兼演出助手?そんな北恵が、舞台稽古・観劇等で思い感じたことを、あくまでも演出助手(?)の目で書き綴るコーナーです!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

という空気が充満してきております。

もう、この先はずっと昼夜稽古。本番前であります。
本も完成したけど、色々な変更点も多く動き・感情を悶々と考えたりしています。

今までやってきた物を軸に出来るところと、それを捨てなきゃいけないところ。
軸に考える事ができれば楽なんだけど、捨ててまた1から新しいものを創り上げなきゃいけないところ。大変だけど、また楽しいところです。
「もっともっと!!」という欲がないと、役者やってても楽しくないですよね。

まだ欲を丸出しでもいい時期だ(笑)。固まった部分は部分で、試したい事は試していきたい、そう思っております。
スポンサーサイト

台本が、第3稿にしてようやく完成!迫田さん、お疲れ様です!!
これからは、ビッシリ演出付けて下さいね!!

そんなこんなで、ダメが細かくなってきましたよ?!
本番まで、あと2週間程。芝居はまだまだですが、いよいよ来るな、という気持ちです。

昔の上下関係。
相当厳しいものだろうな、と漠然と考える。
それを、舞台上でしっかりとやらねばいかん。
線引きをしっかりしていかねば。
言葉使い、所作、作っていかねばな!

もうね、そんなのんびり考えている時間も無いのでね。
わさわさやっていかないと!!

セリフ、覚えられるか心配だ・・・。

なんて冗談はさておき(笑)、やるぜよやるぜよ!!

先日、うちの主宰小林ともゆきさんが出演した舞台を観てきました。
こばの劇場での舞台なんて観たの、どのぐらいぶりでしょうか?ずいぶん前ですわ。
芸術劇場ということ、こばからちょこちょこ話を聞いていたので、派手な舞台だろうと思い行ってきました。
想像通り、アクションあり殺陣あり、照明も音も派手でしたね?。大きな劇場の舞台、という感じがしました。
三国志の話を、舞台用にわかりやすくした感じの内容でした。僕は三国志大好きで、いい時代の話しをしていたので話の内容は好きでしたね?。
面白い、味のある役者さんも多く良かったのは良かったですが、その分もっと殺陣は良くできたのではないか?出ハケにもっと気持ちを込めてもらいたかった、とかね、色々思いました。
あと、話の内容をもっと漢(おとこ!)にしても良かったのでは?とも感じました。確かに、その時代にも当然あるであろう男女の関係を入れたほうが話はロマンチックになったりしますが、三国志好きな僕としては、もっと漢のロマンを観たかった!!なんて思いました。これは、ホント僕個人的な意見です。
こばの芝居は、よく言えばシンプル、悪く言えば色が無い、と言いましょうか?喋りにいい意味での特徴、波があった方がいいんじゃないか?と思いました。前から僕は思っているのですが。これも、僕個人的な意見です。

何はともあれ、久々の大舞台、お疲れさんでした。次の予定も頑張っておくれやす!!

次は北恵の番ですな!!

台本も、もうすぐ全てが到着する。あ?、早く見たい続きを知りたい!!

そんなこんなで、ブログの左サイドに公演詳細とチラシを載せております。遅くなりましてすみません!チラシは、クリックしてもらうと拡大されますので見てみてくださいまし!!
チケットのご予約は、左側にメールフォームがありますので、ガンガン予約してください!!宜しくお願いします!
ちなみに、DM作業は順調に遅れています・・・。申し訳ありません。

稽古が連日続いております。
役の気持ちは、徐々に出来上がりつつあります。もっともっと自分の中で盛り上げていかねばなりませんが、少しずつ役に近づいて来ていると思えてきております。
今回のお話は、戦時中の話。僕は、こういう話をやるのは初めて。広島県生まれの人間としては、色々思うところがあります。
この物語の中心となる話をネットで検索し、調べてみました。
心がズシリと重くなりました。
国を守るため、家族・愛する人を守るため・・・。様々な思いと、誇りをもって死に向かっていく人々の物語。
今の我々では、到底想像も付かない考えを持っている人達を演じる。
難しいことではありますが、それに近づくことは出来たのではないかと。そう思っています。

その時代の、その部隊にいた人達の気持ち、そのまましっかり反映させる事。難しいのはわかっているけど、少しでも近づけるように稽古でもっともっと高めていきたい。

残る時間が多いわけじゃないけど、たくさんの葛藤・思いを舞台でお見せできるようにしっかりやっていきます!!

とは言っても、今日は稽古休み。4連チャン稽古やっての、久々の休みである。
とは言っても、今回の稽古期間は1ヶ月ちょっと。本当に短い。今回のkanikusoさんは短期集中型です。
なので、毎回毎回内容の濃い稽古をしております。でも、空気的には焦るような事も無く、いい稽古が出来ているんじゃないでしょうか?和気藹々の中にも、稽古が始まれば空気が変わる。役者が色々考えたものを稽古でぶつけ合う。
俺も色々考えないと。置いてかれないようにしないと!
今回のkanikusoさんも、色々なところに見所があると思います。楽しんでいただけるはずですよ!!
まだまだ本番までは時間があるので、もっともっと完成度は高くなる。どんな感じに出来上がるのか?自分自身で本当に楽しみな作品であります!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。