北恵仁司の『Let’s 演助い(エンジョイ)!』

普段は役者。でも宙キャンでは役者兼演出助手?そんな北恵が、舞台稽古・観劇等で思い感じたことを、あくまでも演出助手(?)の目で書き綴るコーナーです!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kanikuso第9回公演『たからモノ。』、無事に幕を降ろすことが出来ました。
ご覧いただいたお客様には、毎回窮屈な環境で観劇いただき感謝と共にお詫びを申し上げます。誠にありがとうございました。

今回のお芝居は戦時中のお話で、僕は「回天特攻隊」の1人でした。「回天」というのは、所謂「人間魚雷」。とても狭い操縦席に1人で乗り込み、敵艦に突っ込むという隊員の1人でしたが、回天の故障で行けなくなってしまった、という人間でした。
他の隊員は、自分の大切な人を守るため、国のためにその命を捧げることが出来たのに、同じ志を持っていながらもそれが出来なかった人間。「死ぬ」、果たしてそうならなくて良かったのか、悔しかったのか?当然悔しいのが出てくるが、死ななくて良かった、という気持ちも出て来てしまった。とかね。
難しい役でした。題材自体が、今の人間にとっては表現が難しい題材です。そういった心情に駆られた、なんてことが無いわけですからね。
舞台自体は難しかった。でも、今回は共演者の方々に恵まれ、とても楽しい舞台・現場でした。
演技に関しても、周りのキャストさんに合わせればいい感じに流れていく、というシーンが多くとても助かった場面がたくさんあった。
こういう環境でできる舞台は、そんなに数は多くない。恵まれていたと思います。

今回の舞台に関わった全ての方々に感謝致します。
ありがとうございました!!
スポンサーサイト

日が変わって、今日から本番がスタートします。
本日は仕込み。美術はシンプルだけど、雰囲気タップリ♪
照明や音響は、まだ場当たり途中なのでわからないところもあるけど、こちらも雰囲気満載!
今日1日稽古は場当たりした所のみやった、という感じでしたが、役者陣の気持ちも大きくなってきているのを感じます。
今までやってきた事に、膨らんできた気持ちを上手に+すれば、言い舞台になること間違いなし!!
そんな匂いのする小屋入り初日でした!!

期待と不安、本番に対してはこの2つは勿論ありますが、お客様も自分自身も楽しみながら、楽まで突っ走りたいと思います故、御来場いただく皆様、お楽しみに!!

おわ?!
本日の稽古シーンの入れ代わりがあった。
今までの気持ちの流れが変わり、本日の通しは、自分的には厳しいものとなってしまった・・・。
もう一度流れをしっかりさらって、明日の稽古には立て直して行かねばな。
残す稽古も後2回!!厳しい時間だが、出来ることをしっかりやっていこうと思う。

本番直前。残す稽古は4回。

疲れも溜まる頃、集中力が切れかかる頃。

そんな稽古場に、演出の檄が飛ぶ。

「1回1回ちゃんと集中して欲しい」

時間も無い。通しもこれから先、あまり出来ない。かと言って、ゆっくり小返しをしている時期でもない。
まだまだ厳しい状況ではあると思うけど、全く時間が無いわけでもないし、しっかり演出の注文に答えていければいいモノは必ず出来る。自分のテイストもしっかり活かしていければ、なお良しです。

確かにしんどい時期だけど、そんなこと思っている暇は無い。
とにかくいい舞台にすることだけを考えて、稽古に臨んでいきたい。


1/4
もう3月。2007年も1/4が経過ですよ!早いもんです。

なんて言ってる場合ではない!来週本番ではないか!!

そんなこんなで、本日初通し。ちょっと遅い通しだけど、できて良かった。芝居は・・・・、まだ時間はあるさ!!というこで、問題点がとりあえずわかったので、良しとしようじゃないか!

残す稽古もあと5回!しっぽり気合入れてくぞ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。