北恵仁司の『Let’s 演助い(エンジョイ)!』

普段は役者。でも宙キャンでは役者兼演出助手?そんな北恵が、舞台稽古・観劇等で思い感じたことを、あくまでも演出助手(?)の目で書き綴るコーナーです!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になって、しゃあないんですね。

そういう部分を解消して芝居をすれば、かなり良くなるところが出てくると思います。
ホント、細かいとこなんです。重箱の隅をつつくようなことなんですが、でもそれがないと嘘になってしまうんです。

嘘はもちろんあるけど、それは舞台としての嘘。芝居では嘘をしてはいけない。それを無くしていかないと、成立していかない。

また細かいことに口を挟んでいくと思いますが、よろしくお願いします(笑)。
スポンサーサイト

さて、宙キャン本公演『1/2』、約一週間後に本番が迫って来ました。そんなこんなで、集中稽古真っ最中なわけでして!役者さんの疲労度はピークな頃です。かく言う私も!

稽古の進行状況は、まだ芳しくありません。安心して観ていられる、というシーンがないです。どのシーンにも安定感がないのです。
確かに、満足に時間を取れているというシーンは少なく、かと言って、ある程度時間を取ってやってきたところも、下がることはあっても上がることが無い、という感じがするのです。
安定感を求める、というのは良いことかどうかわからないのですが、シーンによっては必要なことにも思えるので、とにかく限られた時間で返して、役者さんに違和感なく演技してもらう方法を見出さないと、と思います。
正直、こういった時間を、あとどれぐらい取れるかもわかりませんが、通しよりもこちらを考えないといけない状況だと思われるため、出来るだけ時間を作りやっていこう、と思います。

当然、やり方も変わるわけで。
全員が全員、同じやり方をする必要は無いと思うが。
俺も、ちょっとどうかと思うところもある。

人の芝居を見るのも勉強だ。

昔からそう教えられ、そうしてきたことで得たこと、沢山ある。
人の良いところを盗むのも、自分を広げる事の1つである。

でも、そういった考え方も人それぞれ。
自分の演技は自分で・・・。

別に、俺はそれでもいいと思っている。
押し付ける必要は無いと思う。

いい雰囲気の稽古場、今回しっかり作り上げようとしていたようだけど、なかなか難しいようですな。
ま、大人数いるからそう簡単な事ではないよね。十人十色、今までやってきたスタイル、劇団の色、様々あるのでね。
いい作品作り、まだ難航中か?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。