北恵仁司の『Let’s 演助い(エンジョイ)!』

普段は役者。でも宙キャンでは役者兼演出助手?そんな北恵が、舞台稽古・観劇等で思い感じたことを、あくまでも演出助手(?)の目で書き綴るコーナーです!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて、先週末に観劇した感想をば。
はい、1本1本書いて行こうと思いますゆえ。

まずは『おんわたし』という舞台。
でんちゃんこと傳田亜紀子さん出演の舞台。
でんちゃんのラストステージでした。ラストだなんて残念・・・。

舞台は沖縄の小さな郵便局。
郵便局というか、郵便屋さんと言った感じでしょうか?
そこで起こる色々な物語。
ごくごく淡々とストーリーは続きますが、その中で起こる物語はしっかり意味深く繋がり、見応えのあるストーリーでした。

辛かった事と言えば、舞台が沖縄と言う事で空調はOFF。だったのかな?効いていたとしても、本当にクールビズぐらいの設定温度だったでしょう。俺は一番後ろで空調は全く効いておらず、開演前におしぼりに包まれた氷をお借りしたのですが、舞台中盤で既にぬるま湯に・・・。そういった環境が少々きつかったぐらいでしょうか。

話はわかりやすく、全く別ルートから来た話が最後はしっかり混ざり合い、中には良い間で笑いを取ってくれる役者さんもおり、空気は非常にのんびりしてはいたものの、飽きずに観る事ができました。
でんちゃんも、かなり重要な役所でした。
しっかりと、慎重に大切に演技していたのが見て取れて、集中しておりましたね!

面白い舞台でした。
でんちゃんのラストを飾るに相応しい、いい舞台だったと思います。

でんちゃん、お疲れ様でした!!


まだ2本ありますので、それはまた後日・・・。
スポンサーサイト

今年の舞台活動は、「1/2」でとりあえず幕をおろした。
今年の残りは、色々出来たらな?、と思っております。

で、来年の予定を考える。

1月に宙キャン公演。

夏には企画公演。

企画公演、脚本担当予定。
あれやりたい、これやりたい。山ほどあるけど、まずは1つ。
この企画公演は、できれば続けたいと話していて、まだまだ先があると思うのでね。

楽しみですが、台本書かねばね(笑)!目指せ、2007年度中の脱稿!!

劇団宇宙キャンパス第9回公演『1/2』、無事終了しました。
共演者の皆様、スタッフの皆様、ご来場いただきましたお客様、本当にありがとうございました。感謝の言葉もありません。最後までお付会いいただいてありがとうございました!

今回公演、本当に大変な公演でした。
稽古場の雰囲気、稽古中の雰囲気、小屋に入ってからの雰囲気、
まとめるのが難しかったし、稽古進行自体もなかなかペースアップできなかったりと、シンドイ公演でした。
結果、芝居に関しては本当に役者の皆さんには助けられました。
小屋に入ってからは、スタッフの方々に助けられました。
本番は、お客様の雰囲気に助けられました。

結果よければ、ということか?いや・・・、

今回の公演で、俺は何が出来たろうか?
正直、大したことはしていません。これではいけないのでしょうが・・・。
大してすることが無かった、逆にやり辛い事があったりしました。
そのことを、次回にしっかりと活かして動いて行こうと思います。

裏は本当に大変な公演でした。頼りない人間で申し訳ない気持ちで一杯になりながら稽古場に行っていました。
が、最終的には皆さんに支えられ、無事に終えることが出来た。

ありがとうございました。


ご来場いただきました皆様には、この芝居はどのように映ったでしょうか?少しでも楽しんでいただけたなら、嬉しく思います。

今後とも、宜しくお願い致します。

本番までの時間は、残りわずか。

みんな、あーでもないこうでもない、色々考えている。
昨日、俺は演出に噛みついた。あるシーンを、どう持っていきたいのか、わからなくなったためである。
そこから湧き出る意見・役者としての不満。
言ってしまうのは、この作品はお客様のためにあるからこそ。そのお客様から時間とお金をいただいているから。
そのお客様にお観せするために、一役者として納得できるものが出来ていないから、出来そうにないから意見した。

こう言ったシーンは、まだあると思う。役者さんが言わないだけで。
的確な演出が出来てるわけではない、サポートしたいが、自分のシーンもあるし…。もどかしい!!コピーロボットを下さい!!!

現在の状況ではマズいのはわかっている。限られた時間で打開しなければ。
策はないわけじゃないけどね。どうしようかな!?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。