北恵仁司の『Let’s 演助い(エンジョイ)!』

普段は役者。でも宙キャンでは役者兼演出助手?そんな北恵が、舞台稽古・観劇等で思い感じたことを、あくまでも演出助手(?)の目で書き綴るコーナーです!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、うちの主宰小林ともゆきさんが出演した舞台を観てきました。
こばの劇場での舞台なんて観たの、どのぐらいぶりでしょうか?ずいぶん前ですわ。
芸術劇場ということ、こばからちょこちょこ話を聞いていたので、派手な舞台だろうと思い行ってきました。
想像通り、アクションあり殺陣あり、照明も音も派手でしたね?。大きな劇場の舞台、という感じがしました。
三国志の話を、舞台用にわかりやすくした感じの内容でした。僕は三国志大好きで、いい時代の話しをしていたので話の内容は好きでしたね?。
面白い、味のある役者さんも多く良かったのは良かったですが、その分もっと殺陣は良くできたのではないか?出ハケにもっと気持ちを込めてもらいたかった、とかね、色々思いました。
あと、話の内容をもっと漢(おとこ!)にしても良かったのでは?とも感じました。確かに、その時代にも当然あるであろう男女の関係を入れたほうが話はロマンチックになったりしますが、三国志好きな僕としては、もっと漢のロマンを観たかった!!なんて思いました。これは、ホント僕個人的な意見です。
こばの芝居は、よく言えばシンプル、悪く言えば色が無い、と言いましょうか?喋りにいい意味での特徴、波があった方がいいんじゃないか?と思いました。前から僕は思っているのですが。これも、僕個人的な意見です。

何はともあれ、久々の大舞台、お疲れさんでした。次の予定も頑張っておくれやす!!

次は北恵の番ですな!!

皆様、明けましておめでとうございます!2007年も11日過ぎました(笑)。
そんなこんなで、今年1発目の芝居を観てきました。高円人展に出演したYodyリーダー「D?Style」の芝居です。
芝居というよりも、毎回コント感覚の内容をやっています。かくゆう僕も、D?Style2回目まで脚本・演出・出演をしていました(笑)。
今回久々に観に行ってきたのですが、なかなか面白かったですね、ネタ的に。5分ぐらいのものを立て続けにやっていくのですが、ホントこういうのは、演技どうこうではなくネタの内容とテンポ!こういった面では、結構楽しめました!
なんかね、D?Style1回目のステージの時に僕が書いたネタのキャラが、今回地味に復活していまして、ビックリしました(笑)!ツカちゃん、やはりあのキャラやらせたら天下一品だぜ!なんて昔の自分を自画自賛し、ツカちゃんのある意味の凄さを再確認できました(笑)。

D?Style、すでに次回が決まっているようなので、また頑張ってもらいたいですね!!観に来た方方々を楽しませるパフォーマンスを追及していってください♪

宙キャンも本番を終えて、来年からの活動のため、新人も入ったことだし基礎錬をちょこちょこ始めました。
年明けからまた、劇団員の外部公演ラッシュが始まるので、今のうちにやっておくところはやっておこう。

さて、先週末に行ってきた、宙キャンと縁の深い大塚梨絵さん出演の舞台の感想。書くと言って書いてなかったので本日カキコ。
かなりドロドロした舞台だった。大人計画が好きな僕としては嫌いなジャンルではなかったのだけど、終始ドロドロで暗い感じのものだったので、ちょっと疲れたかな、という感じでした。本的に「ここで終わっても良かったのにな?」と思ってしまうほど、ラストシーンをかなり引っ張ったような印象を受けた。役者の演技的もずっと淡々としていて、緩急が無かったのも、「疲れた」という一つの要因になったような気がします。でも、作風的に仕方の無いところでもあったと思いますが。
一切笑いの無い、こういったドロドロものは、かなり好き嫌いがあるんじゃないでしょうか??さっき書いた大人計画は、ドロドロがありながらも、それを単なる下ネタにしてしまう部分があったり、芝居中にアドリブだったり意味の無い空気の笑い部分が巧く入ったりするので、観てて退屈しないんですよ。そういうシーンがちょっとあっても良かったんじゃないか?と思い、少し残念ではありました。
けど、大塚氏の体当たりの演技は頑張ったな?、と思いましたよ!
お疲れっした!!次はDかな?頑張ってね!!

で、昨日はシェイクスピア・カンパニー出演依頼良くして下さっています川野誠一さん主宰の「劇団大樹」さんの芝居を観てきました。
『お月様へようこそ』という海外の戯曲。オムニバスで、色々なタイプの芝居があった。
面白かった!6つある話に川野さんが全て登場し、色々な役をこなしてらっしゃいました。純粋な男性、ちょっと冷たい感じの役、面白い、ギャグに徹する役、ホントに沢山の色が観れました!周りの役者さんも、色々ある役にしっかりと切り替えられており、観ていて飽きが来ませんでしたね。1時間15分という若干短い舞台でしたが、展開の速い話もあれば、じっくりと間のある芝居もあり、構成も面白くて「これ、やってみたいな?」と思ってしまいました。人数も少人数で出来る舞台なので、やり易いかも?と思います。
川野さん、お疲れ様でした!!次の大樹さんも楽しみにしております!!

2本の舞台を観てきました。

まず1本目は、宙キャンの前回公演に出てくださった真瀬京子さんが出演された舞台です。先週の桃色バンビさんと同じヴィオロンでのお芝居。
同じスペースでやるお芝居でも、こちらはバンビさんとはまた違った感じのお芝居でした。
4人の女性役者さんが、入れ代り立ち代りで色々なキャラを演じる結構忙しい感じの舞台だったけど、出てくるキャラ達が皆濃いわけですよ!キャラの切り替えが出来ている方もいれば、若干切り替えきれていない方もいましたが(笑)、根本的なところはずれていなかったので観てても大丈夫でしたね。
僕の周りでも、方言を使う舞台はたまにあるけど、やっぱ関西弁を使われると面白くなりますよね!関西弁でのマシンガントーク、その合間合間に微妙な間を入れつつの展開は、わかっていても面白い。間が外れてしまうと大怪我するんでしょうが、そこの所はしっかり計算済みだったのでしょうか、息がピッタリという感じでしたね。
全体的には、かなり楽しめました、この舞台。不肖北恵、静かに笑っておりました(笑)。
出オチ真瀬京子さん、どうもお疲れ様でした!楽しかったよ?!

あともう1本!

あともう1本書くと、だいぶ長くなってしまうので、この1本は明日書くことにしました!

ではでは、明日!!

先週、「桃色バンビ」さんを観に行ってきました。以前より色々お世話になっている演劇ユニットさん。こばもこれに出演していて、まともに芝居をやるのは久々、というお舞台でした。
ま、こばの芝居はさておき(笑)、全体的にはよくまとまっていて良かったですね?。トータル40分程度と短い芝居ではあったのですが、いい感じに40分という時間を楽しめました。小ネタがちりばめられ、それがしつこくない程度に納まっていたと思います。ヴィオロンという空間をしっかりと使いこなせていたのではないでしょうか?
僕的な趣向を述べてしまうと、間を使うシーンが多かったのですが、その逆があまりなかったな?、と。小ネタ等に間は効果的に使えていたのですが、その逆の小ネタ・シーンがもうちょっとあれば、グッとメリハリが付いたのではないか?なんて思いました。淡々としすぎていた部分もあり、陸上の練習の「インターバル」みたいなのが所々に欲しかったな?と思いました。
でも、個人個人はとても面白かったですよ!キャラも濃かったしね(笑)。
桃色バンビに出演された皆様、お疲れ様でした!!また次回、楽しみにしております!!こば、お疲れ?(笑)!

そんで、今日は「NODA・MAP」の『ロープ』の公開ゲネに潜入!!2月にkanikusoさんでご一緒した小島さんにお誘い頂き、観に行ってきました。ご出演されています!!
これから1月の終わりまで続く舞台なので内容は一切言えませんが、

面白い!!!

このキャストが出てて、面白くないわけがないでしょ!?
有意義な時間だった!!はい、以上!!
小島さん、ありがとうございました!!まだまだ先は長いですが、頑張ってください!!

久々に舞台観てきました!その感想をば?。

まずは金曜日。昔からのお付き合い、「銀色金魚」さんの芝居です。
衣裳やらセット、おぉ?!と思いましたね。凄い力を入れてらっしゃったのでしょう。
話自体も嫌いじゃなかったです。俺も、そんなんやってみたいな?、と思いました。
でも、銀金さんの感想で昔にも書いたような気がしたのですが、役者さんの力不足or稽古不足というのが見て取れました。セリフとセリフの間に、微妙な間ができていて、その間が「セリフを忘れた?」と思えてしまうような間になっているときもあって、違和感・気持ち悪さがありました。力不足なのか稽古不足なのか、裏側を見ていない俺にはわかりませんが、芝居を観ていてそう思いました。もちろん全員が、というわけではないのですが、かなりそういう場面があったので観てて辛いところも正直ありましたね。笑い所も間の悪さが影響したのか、観てて痛々しい感じが・・・(笑)。そういうところで、芝居全体が長い印象になってしまったのが残念でした。
あとは、劇中のBGMのボリュームが大きかったです。BGMかかってる部分の役者の声が、ほとんど聞き取れなかった。セリフの所はちょっと下げてもらえると嬉しかったかな?

もう1本は、今年の2月にkanikusoさんでご一緒した神崎ゆいさんの出演されていて舞台です。
舞台セットもシンプルで、「お?これは芝居を観るモードだ!!」と思って拝見。
様々な年齢の役者さんが出演されていて、見応えのある舞台でした。最初は、場転・暗転がかなり多く、ちょっと話がわかりづらくて入りづらい舞台だな?、と思っていました。セリフをやたらとかむ方がいて(笑)、そういうところでも若干集中力を削がれましたが、でも話が進むにつれて色々なところが明らかになっていき、後半には全てつながりスッキリして、しかもちょっと涙が出そうになりましたよ!
いい舞台だったと思います!芝居を観た、という感じになれた舞台でした。残念だったところと言えば、上記の点ですね。現代劇なので場転が多くなってしまうのは仕方ない事なのですが、セリフを多くかむというのは、役者さんが集中していないんじゃないか?と見えてしまうので、そこは頑張って欲しかったな?、と思いました。
でも、役者を魅せる舞台だったと思います。刺激的な舞台でした!!

銀金さん・神崎さん、お疲れ様でした!!ゆっくりお休み下さい!!


今週末は、他にも行きたいのが4本ぐらいあったのですが、本番終わりで懐が寒く、行けたのはこの2本だけでした・・・。皆さん、ごめんなさい!次こそは伺いますので!!

今日は、宙キャンの元劇団員のふくすけこと福澄亜紀子の舞台を観て来ました。

明日まで本番という事で、毎度の事詳しい内容は伏せますが、

う?む、寄り切られた。

という感じでしょうか?

テンション、パワーはお見事でした。そういうお芝居でしたので、それが欠けたらどうしようもないと思いますが・・・。
でも、台本自体がわかりにくいな?、と。一体どちら・どこを見せたいのかが、よくわからなかった。果たしてどっちが軸だったのか?「どっちも」と言われればそれまでですが、あちこち話しが飛ぶのでその前にあった「それ」を、間に入ったパワープレイで忘れてしまったりするので、その次に出てきた「それ」を忘れてしまうんですよ。話が途切れ途切れで進む感じがして、つなげて見るのが大変でした。
ふくすけの芝居も何度か見ていますが、たまたま見ている芝居がそうなのか、似た役ばかり見ているような気が・・・。「成長は?」と問われると、僕には良くわかりません。でも、彼女は頑張って色々なところで芝居していますので、成長していると思います。もっといっぱい頑張って欲しいと思います!

さて、明日は精算会だ!今後の事も話すので、いろいろ考えたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。